■イラクからのメール(日本語版)~The English text site is linked below.
by iraq-mail-j
以前の記事
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 05月
2005年 02月
2005年 01月
Link
■ Iraq Mail ■ ~English


●「これ以上の殺戮をどうかやめてください」署名サイト(English)

●署名サイト(日本語解説)


05年1月23日
ヨルダンからの国境を越えた直後に何が起きるかわからない…


05年1月24日
米軍の装甲車がケガ人を踏み潰した…


05年1月26日
真夜中に起きている者は戦闘員と密会合すると疑っている…


05年1月27日
選択肢は3つ。“悪い”、“より悪化”、もしくは“死”だ。しかし…


05年1月28日
誰もが選挙のことより自分の家族の命のことを心配していた…


05年1月29日
戦車が、通りにある駐車中の車を次から次へと潰していく…


05年1月30日
戦う両者が、報復する権利を主張する…報復という負の連鎖


05年1月31日
イラク人の30%が投票には行けなかった…


05年2月1日・5日
この状況の中で強くいられるのは平和を愛しているからだ…


平和を愛する米国市民の皆様へ

05年10月4日
15日の国民投票日まであと10日間…


05年10月5日
「本当の民主主義」を求める「本当の試み」が行われようと…


05年10月6日
彼らは平和的手段ではなく力づくでアメリカ人と友人になれと言う…


05年10月7日
「レジスタンス(抵抗勢力)になる」という人達の気持ち


05年10月8日
奴らは俺の家族を傷つけたし、俺の人生をメチャクチャにした…


05年10月8日(続)
なぜ、アメリカはボクたちを殺そうとするの?


05年10月9日
アイーア~奇跡という名の赤ん坊~


05年10月10日
世界は平和的手段を無視し、武装勢力にさらなる兵力を供給している


05年10月11日
ヘリコプターはもの凄いスピードと轟音で飛び回り…


05年10月12日
憲法を読んだことがありますか?


05年10月13日
米軍戦車が町中で動き回っている…


05年12月7日
勇気ある親友の死・子どもたちと米兵


06年4月22日
『平和を愛する人々への手紙』


06年4月30日
『平和を愛する人々への手紙』(続)


06年5月7日
より多くの破壊と犠牲は、さらなる戦いを生む


06年5月8日
2ヶ月前、7歳の少年は通学途中で狙撃兵に殺された…


06年5月10日
弾丸が子ども部屋に飛び込み、僕と兄は階段を駆け上がった…


06年5月11日・12日 
深夜の家宅捜索


06年5月13日
深夜3時10分、米兵は門を壊し、僕の家を占拠した…


06年5月13日(後半)
我が家が狙撃兵の基地になるなんて…


+++

◆イラクホープネットワーク

◆IRAQ-MAIL
THE VOICE FROM RAMADI(English)


◆イホネット通信(登録&退会)

◆イホネット・NEWS

+++

◆イラク戦争の検証を求めるネットワーク:イラク戦争なんだったの!?

◆高遠菜穂子のイラク・ホープ・ダイアリー

◆佐藤真紀のブログ-イラク編

◆JIM-NET(日本イラク医療支援ネットワーク)

◆原文次郎ヨルダン・イラク報告

◆JVC(日本国際ボランティアセンター)イラク現地報告有

◆劣化ウラン廃絶キャンペーン(CA-DU)

+++

◆戦場ジャーナリスト・志葉玲のblog
◆志葉玲・公式ウェブサイト

◆フォトジャーナリスト綿井健陽の逆視逆考PRESS

◆フォトジャーナリスト森住卓・HP

+++

◆PEACE ON
(NPO法人 ピースオン)

◆PEACE ON・YATCHの
イラクレポート(過去ブログ)

◆PEACE ON DAYS
・高瀬香緒里(過去ブログ)


+++

◆PEACEBOAT

◆鎌仲ひとみ監督映画『ヒバクシャ-世界の終わりに-』

◆日めくり~細井明美のページ

◆イラク女性・リバーベンドの日記

◆森沢典子・WEB SITE

◆イラク救済基金

◆橋爪明日香・日本列島縦断!1000人対話の旅(過去ブログ)

◆イラク意見広告の会(過去ログ)

その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2006年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

深夜3時10分、米兵は門を壊し、僕の家を占拠した…

2006年5月13日
今朝、米軍は狙撃兵の拠点にする為にさらに多くの家を占拠
しようと攻撃を始めた……そして、たくさんのレジスタンスが
これを阻止しようと銃を持って現れた。
米軍は戦車、ヘリコプターなど彼らが持ちうるすべての力を
使った。そして多くの家を破壊し、多くの人々(犠牲者の
大部分は民間人)を殺した……。
今回、米軍は、狙撃兵の拠点として僕の家を選んだ…。

深夜3時10分、家族が眠っている間に、米兵は門を壊し、
僕の家を占拠しようとしたのだ…。
彼らが庭の背後に来たとき…僕は目が覚めた…そして、歩いて
くる足音を聞いた……。数分後、我が家の2つのドアが壊され、
米兵たちが中に入ってきた…。

僕は部屋から飛び出し、いくつかの英単語で自分がいることを
彼らに伝えた。突然寝室に入ってくるアメリカ流のやり方に、
家族をびっくりさせないようにするためだ。
米兵は叫んだ。
「止まれ……後ろを向いて手を壁につけろ……!」
彼は、僕が何をしていたかと尋ねた。もう一人の米兵が僕を
チェックして、次にこう言った。
「彼は問題ない」
彼は僕をじっと見ている将校に向かって言った……。
「まったく。英語が話せるイラク兵が3人しかいない」
彼らは互いにそう言い合っていた。

「OK、ここの仕事が終わるまで米軍を助けないか?
 我々は、この家にどんな人間が住んでいるのか知るために、
 お前が必要だ」
他の兵士が僕の周囲を歩き、将校が尋ねた。
本当に暗かったので彼らが見えなかった。しかし、彼らは
ヘルメットについた器具で僕を見ていた…僕は、将校が僕の
足元を見るために石油ランプを持っていることに気がついた。
それで、彼が話している間、僕は彼を見た。
「僕たちを傷つけないでください。僕たちは平和な家族で、
 ここにいるのは子供、女性、老人(僕の父)です…捜索を
 するなら僕に家族を起こさせてください……」 
「OK、急げ。ここに住んでいるすべての人間をこの部屋に
 連れてこい」
将校は僕の小さな部屋を指し示した。

僕は両親を起こすために急いだ。そして彼らに冷静に伝えた。
「米兵がここにいる。だけど皆大丈夫だから…彼らは僕たちに
 ひとつの部屋に集まるように言っている」
僕は父を恐がらせないように穏やかな声で言った…。
父は心臓に持病があったのだ。
「これから姉の部屋に行って、彼女を起こし、僕の部屋に連れ
 ていく」

2人の米兵が何も言わずに僕についてきた。彼らは僕が命令に
従うので安全だと思ったらしい……。子ども部屋で甥が寝てい
るのが見えた。5歳になるムスタファは病気で熟睡していた…。
僕は彼を抱き、他の子どもたちの部屋に連れて行った。

こうして僕はすべての家族を起こし、家族全員ひとつの部屋に
集まった。米兵は家族全員の手を縛り始めた…僕は彼を止めた。
「どうかやめてください…貴方はドアにカギをかけるでしょう。
 だったら手を縛らないでください。ここには子どもがいます
 …子どもたちにはこれはつらいことです…お願いだから
 やめてください」
僕は将校にそう言った。
「OK、ドアにカギをかけろ…これで十分だろう」
将校は言った。
「この家に18人も住んでいるのか???どうやって?」
将校は僕に尋ねた。
「僕たちには選べないのです…これが僕たちができるすべてで…
 他に住む場所もないし…でもいいんです…。
 僕たちが皆で住むのには十分な家なんです」
僕は笑って答えた…彼らをリラックスさせるように。
「良い子だ…家族を大事にしろよ」
彼は笑いながら言った。
「いや…僕は子どもじゃないです…大人です…ひどいなぁ」
僕は彼に言った…冗談っぽく。
「おお、ごめんごめん…いくつだ?」
「30歳です…」
「おお、若く見えるなぁ…30歳?本当か?」
「えぇ、本当ですとも…若く見えるのは僕のガールフレンド
 にとってはいいことでしょ…ね?」
「ハハハ…そうだな…お前は最高だ」と将校は笑った。
「彼女はステキさ…でもあなたには関係ないことだけど…
 OK…??」
僕は笑って答えた。
「OKOK…さぁ、家族と一緒に部屋に入れ。我々の仕事が
 終わったらドアを開けよう…さぁ、どうぞ入ってください」
将校は言った…。
僕は黙って部屋に入った…一人の米兵がドアのカギをかけた。

そして僕たちは暗闇の中に残された。
最初、僕は米兵たちが捜索を終えたらすぐに家を出ると思って
いた。しかし、彼らは翌朝の午前11時20分までいたのだ…。
そして、僕たちは暗い部屋に6時間いた…最初の2時間はとても
暗くて暑かった…。

ムスタファがトイレに行きたがって問題が始まった。
僕は見張りの兵士に彼をトイレに行かせてくれるように頼んだ。
「俺たちには出来ないんだ…出来るのは米兵だけさ…。
 俺たちは彼らの命令なしでは何にも出来ないんだ」
と、イラク兵が僕に言った。
「今すぐ彼らにOKを聞いてきてくれ…
 病気の子どもが今すぐトイレに行きたがっているんだ」
「やってみよう……俺は英語が出来ないんだ、手まねでやって
 みるよ…いいかい?」 イラク兵は答えた。
「OK…OK」
彼は階段を上がっていき、数分後に一人の米兵と戻ってきた。
「どうした???」
米兵はカギのかかったドアの向こうで僕に尋ねた。
僕は甥の説明をした…それから彼はドアを開けた。
「OK、一人で行ってこい」米兵は言った。
「いや、彼は病気だから無理です…病気で歩けない。
 足が弱っているんです」
「OK…OK…お前一緒に行け。お前(イラク兵を指差して)、
 そいつらを見張れ」
米兵は僕とイラク兵に言った。
「彼は何て言ったの??」
イラク兵が僕に聞いたので、僕は彼に説明した。
……それから僕たちはトイレに行き、イラク兵は僕たち、
つまり僕と5歳のムスタファに銃を向けていた。
誰もがトイレにいくたびにこれが繰り返された…。

僕たちは暗くて暑い部屋で人質として6時間過ごした。
次のメッセージでは何が起きたかを話すね……。

……ありがとう。

(次に続く)
[PR]
by iraq-mail-j | 2006-05-13 00:00

弾丸が子ども部屋に飛び込み、僕と兄は階段を駆け上がった…

2006年5月10日
9:30朝、占領軍は、街の中心近く家を占拠するためにさらに多くの
狙撃兵を増員しようとしていた。
何人かのレジスタンスが彼らを攻撃した。

激しい戦いは3時間にも及ぶ…
狙撃兵が手当たりしだいに撃つので、弾丸が多くの家を打ち抜いた…。
弾丸は家の中にいた家族を傷つけた。

僕の家にもすごい勢いで飛び込んできて、子ども部屋で焔をあげて燃えた。
2人の甥が燃えている寝室から逃げてくる悲鳴を聞いた…
僕と兄は、どのような損害があったのかを知るために階段を駆け上がった…

僕の頭の中は狙撃兵の弾丸が頭に当たった子どもの死体か、
燃えた甥の死体のイメージがふくらんでいた…あまりの恐怖で僕は
階段を踏み外した…。

ドアの下にじっとしている兄を見つけた。
兄は煙を出すために窓を手で割った。そして、彼は燃える部屋から
ショックを受けている5歳の息子、ムスターファを運び出した………炎は
ちょうど何枚かの毛布を燃やし始めた……僕は、水を持ってこなきゃと思い、
火を消し始めた….。

それは弾丸の焔による小さな火だった…。
米軍が使用しているこの種類の弾丸は、人間・物質には非常に有害だ…。
弾丸の中に熱い液を含んでいる…。弾丸が体の中に入ると爆発して、
体を中から粉々にして、骨と肉を溶かすだろう…
弾丸が車、家具、木に当たったら、燃やして溶かすだろう。

通りに人影がなくなり、レジスタンスはいつものように姿を消して成功した。
…しかし、米兵はそこで機関銃を僕たちの家の方向に向けたままだった…。

僕は、米兵が、家族に会うまで自分の命を大切にしたいと願っていることを
知っている。
しかし、また、僕たちも、イラクの貧しいつらい生活で傷ついた僕たちの
家族の面倒を見るために、命が大切なのだ。


Notice;
現在、電気が全くなく、飲料水がなく、電話がなく、そして次の日に
何があるのか予測も出来ない……暗闇と血が僕たちをとりまいている。

メディアは、バグダッド通りで見つけられた10体のイラク人の死体の
ニュースをいつものように流している。

多くのイラク人が爆発で死んだ。

政府が唯一したことは、死体を集め、病院に納め、そして、通りにある
死体が本当はいくつかあるかを知らせるのは人々を恐がるので避けるように、
とメディアに言ったことくらいだ。

奇妙な犯罪がバグダッドに現れたのは、ガンマンの一団がバグダッドの
通りに入って来て、混雑した場所で民間人を射撃したときから。
そして、イラク警察が彼らにチェックポイントの通過を許可してから。
奇妙だが、事実だ……。イラク政府メンバーに近いイラク人に尋ねると、
彼はそれが事実でないとは言わなかった….。

今、僕がバグダッド、ラマディまたはファルージャに住む選択をするなら
最後の2つを選ぶつもりだ。なぜならその2つの街は、危険な場所が明確
だから…。

しかし首都バグダッドでは、あらゆるものが危険で、
警察のチェックポイントさえ逮捕される可能性があり、
お金、その他ありとあらゆる理由で人が殺されるのだ………。
[PR]
by iraq-mail-j | 2006-05-10 00:00

2ヶ月前、7歳の少年は通学途中で狙撃兵に殺された…

2006年5月8日
米軍は、さらに多くの家を狙撃兵の拠点にしようとした…。
何人かのレジスタンスが米軍を攻撃した。戦いは昼から2時間も続いた。

4時間後、戦いがやみ、レジスタンス達は1人の狙撃兵を追跡した。

それからまた多くの攻撃と戦いがあり…他の狙撃兵が通りで銃撃を始め
ているのが発見された…。
まさしく彼らが狙撃しようとしたとき、多くの人々が車で周囲の人達を
連れ出し、狙撃兵の銃撃から逃げるのを助けていた…。

人々は、狙撃兵がラマディにいる占領軍の中でも一番野蛮な兵士だと
信じている。狙撃兵は多くの子供を殺している。
僕が知っているのは、7歳のHaitham Yusif Hubaiter(名前)。
2ヶ月前、少年は通学途中で狙撃兵に殺された。

多くの子どもと女性が狙撃兵により頭を銃で撃たれ、殺されている。
さらに、農業大学と教育大学は占領軍に占拠されたままで、
学生は、アンバール大学の他の建物を使っている。
[PR]
by iraq-mail-j | 2006-05-08 00:00