■イラクからのメール(日本語版)~The English text site is linked below.
by iraq-mail-j
以前の記事
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 05月
2005年 02月
2005年 01月
Link
■ Iraq Mail ■ ~English


●「これ以上の殺戮をどうかやめてください」署名サイト(English)

●署名サイト(日本語解説)


05年1月23日
ヨルダンからの国境を越えた直後に何が起きるかわからない…


05年1月24日
米軍の装甲車がケガ人を踏み潰した…


05年1月26日
真夜中に起きている者は戦闘員と密会合すると疑っている…


05年1月27日
選択肢は3つ。“悪い”、“より悪化”、もしくは“死”だ。しかし…


05年1月28日
誰もが選挙のことより自分の家族の命のことを心配していた…


05年1月29日
戦車が、通りにある駐車中の車を次から次へと潰していく…


05年1月30日
戦う両者が、報復する権利を主張する…報復という負の連鎖


05年1月31日
イラク人の30%が投票には行けなかった…


05年2月1日・5日
この状況の中で強くいられるのは平和を愛しているからだ…


平和を愛する米国市民の皆様へ

05年10月4日
15日の国民投票日まであと10日間…


05年10月5日
「本当の民主主義」を求める「本当の試み」が行われようと…


05年10月6日
彼らは平和的手段ではなく力づくでアメリカ人と友人になれと言う…


05年10月7日
「レジスタンス(抵抗勢力)になる」という人達の気持ち


05年10月8日
奴らは俺の家族を傷つけたし、俺の人生をメチャクチャにした…


05年10月8日(続)
なぜ、アメリカはボクたちを殺そうとするの?


05年10月9日
アイーア~奇跡という名の赤ん坊~


05年10月10日
世界は平和的手段を無視し、武装勢力にさらなる兵力を供給している


05年10月11日
ヘリコプターはもの凄いスピードと轟音で飛び回り…


05年10月12日
憲法を読んだことがありますか?


05年10月13日
米軍戦車が町中で動き回っている…


05年12月7日
勇気ある親友の死・子どもたちと米兵


06年4月22日
『平和を愛する人々への手紙』


06年4月30日
『平和を愛する人々への手紙』(続)


06年5月7日
より多くの破壊と犠牲は、さらなる戦いを生む


06年5月8日
2ヶ月前、7歳の少年は通学途中で狙撃兵に殺された…


06年5月10日
弾丸が子ども部屋に飛び込み、僕と兄は階段を駆け上がった…


06年5月11日・12日 
深夜の家宅捜索


06年5月13日
深夜3時10分、米兵は門を壊し、僕の家を占拠した…


06年5月13日(後半)
我が家が狙撃兵の基地になるなんて…


+++

◆イラクホープネットワーク

◆IRAQ-MAIL
THE VOICE FROM RAMADI(English)


◆イホネット通信(登録&退会)

◆イホネット・NEWS

+++

◆イラク戦争の検証を求めるネットワーク:イラク戦争なんだったの!?

◆高遠菜穂子のイラク・ホープ・ダイアリー

◆佐藤真紀のブログ-イラク編

◆JIM-NET(日本イラク医療支援ネットワーク)

◆原文次郎ヨルダン・イラク報告

◆JVC(日本国際ボランティアセンター)イラク現地報告有

◆劣化ウラン廃絶キャンペーン(CA-DU)

+++

◆戦場ジャーナリスト・志葉玲のblog
◆志葉玲・公式ウェブサイト

◆フォトジャーナリスト綿井健陽の逆視逆考PRESS

◆フォトジャーナリスト森住卓・HP

+++

◆PEACE ON
(NPO法人 ピースオン)

◆PEACE ON・YATCHの
イラクレポート(過去ブログ)

◆PEACE ON DAYS
・高瀬香緒里(過去ブログ)


+++

◆PEACEBOAT

◆鎌仲ひとみ監督映画『ヒバクシャ-世界の終わりに-』

◆日めくり~細井明美のページ

◆イラク女性・リバーベンドの日記

◆森沢典子・WEB SITE

◆イラク救済基金

◆橋爪明日香・日本列島縦断!1000人対話の旅(過去ブログ)

◆イラク意見広告の会(過去ログ)

その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2005年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

勇気ある親友の死・子どもたちと米兵

2005年12月7日
 僕は悲しくてしかたがない。数ヶ月前、僕の親友の一人が
カイム(シリア国境沿いにあるイラク西部の町)で米軍に殺された
ということを聞いたのだ。彼の名前はワディ。32歳。エンジニアで、
僕の大学の先輩だった。彼の訃報は僕に強い衝撃を与えた。

 3ヶ月前、米軍がカイムで「ブルレスラー作戦」を展開中、
ワディは通りで1人の女性が負傷しているのを見つけた。
彼は家から飛び出し、彼女を家の中に運び込むことになんとか成功した。
彼女はひどく出血していて、病院に搬送しなければならなかった。
彼は妻に、負傷した女性を病院に運ぶのを手伝うように言った。
妻は、彼と一緒に女性を車に運び入れ、14ヶ月になったばかりの
赤ん坊を抱きかかえて、一緒に車に乗り込んだ。
 
 ワディはカイムのメインストリートを猛スピードで走り抜けた。
米軍が彼の車に威嚇発砲をした。彼は車を停車させ、米軍の許可の
サインを待った。彼は両手を上げ、米兵にケガ人がいて病院に
搬送するところだとはっきりと告げた。彼は英語が話せるのだ。
米兵たちは何も答えなかった。彼は車の向きを変え、別の道を
急ごうとした。ケガ人は出血しているし、時間が勝負だったからだ。

 米兵は彼に向けて発砲し、弾丸は彼の心臓を突き抜け、
赤ん坊のお腹と妻に当たった。その弾丸はワディを殺し、
赤ん坊を負傷させ、妻の左手を切りつけた。

 大学時代、ワディは人気者だった。彼は僕たち後輩に
勉強を教えてくれていたし、研究の成果を話してくれたりもした……。
僕は、また1人友人を亡くした。米軍のせいで……。ワディは
人を助けようとして死んだ、本当に勇気のある人だった。


 今日、米兵たちは通りで遊んでいた子どもたちに小さな
おもちゃを配っていた。米軍は、やさしいからこんなことをして
いるんじゃない。子どもたちを周りに集めて、攻撃されないように
しているだけだ。
ほとんどの男の子たちは無視していたが、
そのうちの5人が米兵に近づいていった。
彼らはおもちゃをもらうと、しばらくして戻ってきた。
米兵たちは軍用車に乗り込み、その場を離れた。
僕は、他の子どもたちが止めていたのにもかかわらず、
なぜこの5人の子どもたちが米兵に近づいたのか知りたくなった。

 僕は、5人のうちの1人に「おもちゃをくれよ」と言ってみた。
すると、ナシールという名前のその子はあっさりと僕にそれを
渡したのだ。僕は驚いた。子どもはおもちゃが好きで、そう簡単に
他人にあげたりしない。僕はナシールに聞いてみた。

「なぜそんな簡単におもちゃをくれたんだい?カッコイイ
 おもちゃじゃないか。自分で持っておけよ。そうだろ?」

「いいや。これは僕のおもちゃじゃない。アメリカ人のだよ。
 あの人たちは僕に友だちになろうとしておもちゃを一つくれたんだ。
 でも、僕はあの人たち嫌いさ」

「じゃあ、なんでもらったんだい?」

「僕たちね、あの人たちにもう来ないで、撃たないでって
 言いに行ったんだ」

「君がそう言ったのかい?」

「そうだよ。でも、あの人たち全然理解してくれなかったけどね」

「そっか…。
 じゃあ、今度は君のお父さんに英語で説明してもらったらいいね」

「ダメだよ、そんなの。ダメだよ……。そんなことしたら、
 あの人たちは僕のお父さんを殺しちゃうよ。撃たれちゃうよ……」

「あぁ……。ほら、おもちゃを持っていきなよ」

「ううん。あげるよ。僕、そのおもちゃ、好きじゃない。それに、
 僕がそのおもちゃを持ってたら、他の友だちが怒るよ。じゃあね!」

ナシールは、おもちゃを僕の手に残して友だちの元へ走っていった。

子ども本来の天真爛漫さが失われている。
なんてことだ……と僕は思った。
[PR]
by iraq-mail-j | 2005-12-07 00:00