■イラクからのメール(日本語版)~The English text site is linked below.
by iraq-mail-j
以前の記事
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 05月
2005年 02月
2005年 01月
Link
■ Iraq Mail ■ ~English


●「これ以上の殺戮をどうかやめてください」署名サイト(English)

●署名サイト(日本語解説)


05年1月23日
ヨルダンからの国境を越えた直後に何が起きるかわからない…


05年1月24日
米軍の装甲車がケガ人を踏み潰した…


05年1月26日
真夜中に起きている者は戦闘員と密会合すると疑っている…


05年1月27日
選択肢は3つ。“悪い”、“より悪化”、もしくは“死”だ。しかし…


05年1月28日
誰もが選挙のことより自分の家族の命のことを心配していた…


05年1月29日
戦車が、通りにある駐車中の車を次から次へと潰していく…


05年1月30日
戦う両者が、報復する権利を主張する…報復という負の連鎖


05年1月31日
イラク人の30%が投票には行けなかった…


05年2月1日・5日
この状況の中で強くいられるのは平和を愛しているからだ…


平和を愛する米国市民の皆様へ

05年10月4日
15日の国民投票日まであと10日間…


05年10月5日
「本当の民主主義」を求める「本当の試み」が行われようと…


05年10月6日
彼らは平和的手段ではなく力づくでアメリカ人と友人になれと言う…


05年10月7日
「レジスタンス(抵抗勢力)になる」という人達の気持ち


05年10月8日
奴らは俺の家族を傷つけたし、俺の人生をメチャクチャにした…


05年10月8日(続)
なぜ、アメリカはボクたちを殺そうとするの?


05年10月9日
アイーア~奇跡という名の赤ん坊~


05年10月10日
世界は平和的手段を無視し、武装勢力にさらなる兵力を供給している


05年10月11日
ヘリコプターはもの凄いスピードと轟音で飛び回り…


05年10月12日
憲法を読んだことがありますか?


05年10月13日
米軍戦車が町中で動き回っている…


05年12月7日
勇気ある親友の死・子どもたちと米兵


06年4月22日
『平和を愛する人々への手紙』


06年4月30日
『平和を愛する人々への手紙』(続)


06年5月7日
より多くの破壊と犠牲は、さらなる戦いを生む


06年5月8日
2ヶ月前、7歳の少年は通学途中で狙撃兵に殺された…


06年5月10日
弾丸が子ども部屋に飛び込み、僕と兄は階段を駆け上がった…


06年5月11日・12日 
深夜の家宅捜索


06年5月13日
深夜3時10分、米兵は門を壊し、僕の家を占拠した…


06年5月13日(後半)
我が家が狙撃兵の基地になるなんて…


+++

◆イラクホープネットワーク

◆IRAQ-MAIL
THE VOICE FROM RAMADI(English)


◆イホネット通信(登録&退会)

◆イホネット・NEWS

+++

◆イラク戦争の検証を求めるネットワーク:イラク戦争なんだったの!?

◆高遠菜穂子のイラク・ホープ・ダイアリー

◆佐藤真紀のブログ-イラク編

◆JIM-NET(日本イラク医療支援ネットワーク)

◆原文次郎ヨルダン・イラク報告

◆JVC(日本国際ボランティアセンター)イラク現地報告有

◆劣化ウラン廃絶キャンペーン(CA-DU)

+++

◆戦場ジャーナリスト・志葉玲のblog
◆志葉玲・公式ウェブサイト

◆フォトジャーナリスト綿井健陽の逆視逆考PRESS

◆フォトジャーナリスト森住卓・HP

+++

◆PEACE ON
(NPO法人 ピースオン)

◆PEACE ON・YATCHの
イラクレポート(過去ブログ)

◆PEACE ON DAYS
・高瀬香緒里(過去ブログ)


+++

◆PEACEBOAT

◆鎌仲ひとみ監督映画『ヒバクシャ-世界の終わりに-』

◆日めくり~細井明美のページ

◆イラク女性・リバーベンドの日記

◆森沢典子・WEB SITE

◆イラク救済基金

◆橋爪明日香・日本列島縦断!1000人対話の旅(過去ブログ)

◆イラク意見広告の会(過去ログ)

その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2005年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

米軍戦車が町中で動き回っている…

2005年10月13日
 朝の6時。米軍戦車が通りで動き回る音がします。
いつものように誰かを逮捕しようとしているようです。

やっぱり……。
町の反対側の数名が連行されました。
町のこちら側からは誰も連行されませんでした。

たいてい、米軍戦車が町中で動き回っている時は、どこかで
誰かを逮捕しようとしているのです。

 この日は1日中、ラマディは出歩けませんでした。
狙撃兵がいつでもあちこちにいて、買い物にも行けず、
友人に会うこともできません……。
[PR]
by iraq-mail-j | 2005-10-13 00:00

憲法を読んだことがありますか?

2005年10月12日 
 私は憲法草案に関する投票のための登録所を探しました。
しかし、登録所は見つからず、通りは米軍の狙撃兵がいるためにとても危険で、
しかもラマディの外へ出る道はありませんでした。
ほとんどの人がこの憲法草案を拒否するために投票したいと考えているにも
かかわらず、「反対」という意思表明をする方法がないのです。
 先週は、私たちにとって非常に危険な1週間でありました。

 今日はラマディ全体で停電となり、米軍戦車が町中のいたるところで動き回り、
高い建物には狙撃兵がいます。外出は非常に危険です。朝には、町の中心部で
銃撃の音を聞きました。
 私は通りに出ました。迂回路は大丈夫です。また、戦車のエンジン音が聞こえ
たら気をつけなければいけないということは重々承知しております。

 今日のところは静かだった通りで何人かに会いました。私たちは町の状況や
憲法草案について話し合いました。たいていの人が憲法草案に関して関心を示し、
投票したがっていました。

 アブ・アハメド(35歳)は、技術者ですが失業中です。今は時々、タクシードライ
バーをやっています。彼は、この憲法草案は拒否しなければならないと考えて
います。この憲法草案には、イラクの特定のグループが自分たちのことだけを
考えてイラク全体のことを無視したような項目が含まれているからです。
憲法には、いかなる宗教も民族もそれぞれの利益を追求することが含まれて
いるが、一つの国としての政策は含まれていないのです。
 ナザール(25歳)、彼は建築関係の仕事をしています。彼もこの憲法草案は
受け入れられない、反対だと考えています。
まず、イラク人は誰も真面目にこの憲法草案を読んでいません。たいていの
人は、自分たちが考えるのではなく、政治政党に考えさせているのです。
また、宗教令を信じて思考停止に陥っている人もいます。
だから、私たちはリアクションを起こし、反対票を投じようと思っているのです。
私たちは気づいているのです。この憲法が一部の政治政党には有利であって、
イラク国民には有害であるということを。

 戦車の音が近づいてきました。友人の一人が「もう帰ろう」と言いました。
午後3時になっていました。

 その夜、米軍による攻撃の音が聞こえました。私は米軍の銃声が判別できるのです。
[PR]
by iraq-mail-j | 2005-10-12 00:00

「本当の民主主義」を求める「本当の試み」が行われようと…

2005年10月5日
米空軍はラマディとハディーサを攻撃し、住宅街に空爆をしました。
そして、大規模な攻撃が今、カイムに向かっています。
「憲法に反対する」と言う人々は、死んでいくか、家族を連れて
家を離れるしかありません。しかし、それは行く場所を見つけられた
ラッキーな人たちに限ります。

私も、家族を連れてラマディの外のどこかへ逃げようと思いました。
しかし、安全な場所などどこにもないのです。西へ行けば「死」を
意味し、東へ行けばファルージャですが、そこへの道はふさがれて
います。結局、私は家に留まるしかありません。どこへ行っても、
掃討作戦中だからです。

今、大きな試みが行われようとしています。
「本当の民主主義」を求める、「本当の試み」です。
私は「この憲法には賛成できない。反対する」と言いたい。
しかしそれは、米軍や政府が私を殺すということを意味します。
私だけではなく、家族も、家屋も壊すことを意味するのです。

どうすればいいのでしょう?「賛成」と言うべきなのでしょうか?
もし、私が「賛成」に投じれば、彼らは私を殺さないかもしれません。
しかし、次の世代は自己中心的な政党により多くの戦争を強いられる
かもしれません……。やはり私は「反対」という選択をし、そして
それを貫こうと思います。なぜなら私は「アメリカ式の民主主義」
ではなくて、「本当の民主主義」を信じているからです。
[PR]
by iraq-mail-j | 2005-10-05 00:00

15日の国民投票日まであと10日間…

2005年10月4日
15日の国民投票日まであと10日間あります。いまだに政府は
我々に投票のための登録票をくれません。

今日、米軍とイラク軍(政府)が西部地域全域にわたって掃討作戦を
開始しました。彼らは我々の街や家々を攻撃してくることでしょう。
イラクの地図を見てください。カイム、ラワ、ハディーサ、ヒート、
ラマディ、ファルージャ。これらの街すべてがユーフラテス川沿いに
あります。この地域では、ほとんどの人が専門家と憲法について論議し、
その結果15日の国民投票では「反対」に投じることを決断していた
のです。しかし今、彼らは自分たちの意見を言うチャンスがありません。
米軍の戦車を避けて通るチャンスもありません。イラク政府の殺しから
逃れるチャンスもないのです。彼らは「憲法に反対する」と言いたいが
ために、死んでいくしかないのです。
[PR]
by iraq-mail-j | 2005-10-04 00:00